月刊潤滑経済 2019年6月号 No.651

keizai201906

月刊潤滑経済 2019年6月号 No.651

(keizai201906)
出版社:株式会社潤滑通信社
発行:2019年6月5日
サイズ:B5版

特集 I :食品の安全とトライボロジー

近年,食品への異物混入事故などを契機に食の安全が叫ばれ,食品加工設備の衛生管理が強く求められている.2020 年には東京五輪開催も控え,海外からの観光客の増加も見込まれることから,国際的な規格である食品安全マネジメントシステムFSSC22000 を導入する企業も増えてきており,食品業界の食の安全への取り組みは年々高まりを見せている.
そのような背景の下,本号では,食品の安全に貢献する食品機械用潤滑剤の動向や,食品にまつわるトライボロジーについてご紹介する.また,7月9日~12日に東京ビッグサイトで開催される「FOOMA JAPAN 2019 国際食品工業展」の見どころについてもご紹介する.
 
<掲載記事>

  • 食品機械用グリースの開発(出光興産 中田 英樹)
  • 医療・医薬・食品製造装置に適したLMガイドとグリースの適用(THK 宇佐美 和也)
  • 粘弾性測定装置による飲料の食感評価(アントンパール・ジャパン 梶田 康仁,宮本 圭介)
  • イベント紹介:FOOMA JAPAN 2019 国際食品工業展の見どころ(編集部)

PRのページ:食品工場用潤滑油剤

NOK / NOKクリューバー,兼松ケミカル,協同油脂,サン・マリンディーゼル,JXTGエネルギー,ダイゾー ニチモリ事業部,松村石油,レッドアンドイエロー
 

特集 II :防錆技術の最近の動向

金属製品における錆は,概観を損ねるだけでなく,製品機能の低下をもたらすことからその重要性は増している.昨今の製造業では金属の腐食や錆に起因する事故やトラブルの発生なども起こっていることから,本特集では,製品を錆から守る,各種防錆技術の動向についてご紹介する.
 
<掲載記事>

  • 環境に配慮した防錆油の最新動向(JXTGエネルギー 須田 聡)
  • 気化性防錆剤の特徴とその適用(中部キレスト 守山 元紀)
  • 防錆紙の現状と今後の展望(防錆材技研 清水 良直)

TOP INTERVIEW

  • モーション・プラスチックで産業用製品の技術改良やコスト低減を実現(イグスCEO フランク・ブラーゼ氏に聞く)

レポート

  • 欧州最大の粉体工業展「POWTECH 2019」見聞録(マウンテック 梅森 健)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,200 ¥1,200(税別)
数量