月刊潤滑経済 2020年5月号 No.662

keizai202005

月刊潤滑経済 2020年5月号 No.662

(keizai202005)
出版社:株式会社潤滑通信社
発行:2020年5月8日
サイズ:B5版

特集 I :次世代自動車の動向とトライボロジー

<掲載記事>

  • 2030年世界自動車産業の展望―COVID-19,「成長の源泉」,合従連衡(IHSマークイットジャパン 西本 真敏)
  • ガソリンエンジンオイルの新規格と新しいモーターオイルの開発(コスモ石油ルブリカンツ 江尻 慎志)
  • HEV / EV用アクスル油の冷却性について(出光興産 奈良 篤)
  • 低燃費を実現するピストン系フリクション低減技術(TPR 田牧 清治)

 

特集 II :表面処理とトライボコーティングの動向

  • DLC膜の国際標準化の現状と今後について(ニューダイヤモンドフォーラム/DLC工業会 平塚 傑工)
  • ta-C:H型DLC膜の特性と応用(日本アイ・ティ・エフ 三宅 浩二)
  • タイリング加工による表面処理の最近の動向(兼房 佐藤 寿樹)
  • MES試験法と分析前処理用エッチング装置「PERET」(パルメソ 松原 亨)

【薄膜評価・分析装置ガイド】

  • 顕微分光膜厚計「OPTM」(大塚電子)
  • ナノビア社トライボメーター(日本サーマル・コンサルティング)
  • マーカス型高周波グロー放電発光表面分析装置/ラマン顕微鏡/分光エリプソメーター(堀場製作所)
  • 赤外分光法(日本分光)

TOP INTERVIEW

  • プラスチックのリサイクルによる社会貢献とバーチャル技術で働き方改革を推進(イグス 北川 邦彦 社長に聞く)

レポート

  • 「オートモーティブワールド2020」にみる注目技術(星技術士事務所 星 満)
在庫状態 : 在庫有り
¥1,200 ¥1,200(税別)
数量